七転び八起き?!ヴァイオリン奮闘記!!

アクセスカウンタ

zoom RSS “チェネレントラ♪”と6回目のレッスン!

<<   作成日時 : 2009/06/18 10:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
昨日は新国立劇場でオペラ“チェネレントラ”を観て来ました。

その前に、6回目のレッスンだったんですが、
まずは、チェネレントラから・・・・

事前に、この公演に行かれた方に、見せ場をお聞きしていて、
第2幕第2場で、王子様役のシラグーザが熱唱するところ!
に注目してました。

第1幕で王子様のお声を聴いた瞬間、今まで観たオペラのテノールとは全くレベルの違う歌声!
これは!と思いました。

それで、第2幕第2場が来るのが楽しみで・・・・・・♪
そしていよいよ、王子様がチェネレントラを探しに行くぞ!と熱唱!
会場は「ブラボー!!」の嵐で、お聞きしていた通り、
アンコールに応え、再び熱唱しました

テノール歌手が高音域の“ハイC”を歌うオペラは限られてるようですが、
その場に出会え、生アンコールも聴けて、これぞオペラの醍醐味を味わうことが出来ました!

逆に、オペラの摩訶不思議なんですが、
チェネレントラ役のカサロヴァ・・・・
大柄で、王子様より大きい・・・・(笑)
声も透き通るようなソプラノではない・・・・。
お上手なんでしょうが、チェネレントラのイメージとはちょっと違うんですよね!?

“ラ・トラヴィアータ(椿姫)”の時もそうだったんですが・・・・・。
“愛の妙薬”の森麻季さんはイメージ通りでしたけど・・・・。

オペラは結構HDD録画したのが溜まってるので、また、時間があるときにお勉強したいと思います。

そして、レッスンが昨日で6回目。
この10日間は結構練習していました・・・・・。
よって、自信があったのですが・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。
苦手な音階練習でその自信は見事に崩れ去りました

もう一度、姿勢、ヴァイオリンの傾斜、左手の指のポジションと指の角度、右手の引き方などを、
総チェックしていただきました。

左肩が少し上がり気味、よってヴァイオリンの傾斜も変わる・・・
左手の指が立ちすぎず、寝すぎず・・・・
爪先にポジションを置かないで、もう少し腹に近いところで、ピンポジションで音程を合わせる。
左手の指を押さえつけないで、少し浮かせた状態で軽く押さえる。
4の指で“ミ”を出すと、1の指の“シ”の音が少し高く入るので、そのポジションに気をつける。
開放弦のときの右手はまっすぐいい感じですが、
左手の指を押さえると力が入り、綺麗な音が出ない。

曲に関しては、スタッカートを徹底的に教えてもらい、
その流れで、曲の小節の終わりから次ぎの小節への移行のときの弓の取り方とか、
横に流さずに、まっすぐ返すとか・・・・休符のあるなしの違いとか・・・・

あぁ!?もう書ききれない(笑)

しかし、この動きがはまったとき、
本当に耳元でいい響きが感じられるようになりました・・・・。

逆に、どこかのポイントがずれると、響かないし、かすれたりする。
ヴァイオリンンは、最も、公正な審査員?!なのかも知れません。

音の響き、いい音色にこだわって・・・・・
“童謡”でも“動揺?!”することなく、頑張って練習します!!














テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
まろ麻呂さん、こんにちは〜♪
昨日はオペラ鑑賞でしたね
ステキ
私は一度も観に行った事がないのでほんとうに
羨ましい限りです。
テノールなんて、秋川雅史さんの
自称「リリコ・スピント」をテレビで聞いた
位です。
第九やレクイエムは何度かありますが・・・

でも、6回目のレッスンなのに、やっぱり
凄いですよ!
ギターのようにフレットが無いので、大変
な楽器なのでしょうね。→弟が書いていた。
私はやっぱり、ピアノでよかったです
動揺しなくて童謡がまろ麻呂さんと同様に
弾けますから・・・・
私も昨日レッスンでしたよ〜
先生がジムの話をするので、半分お話時間
になってしまいました
はるちゃん
2009/06/18 12:57
はるちゃん!こんにちは!
大阪は本格的なオペラハウスがありませんからね!?
関西では兵庫県立芸術文化センター・・・・。
ここのお客さんはレベルが高いそうですね!
しかし、箱物!?で言うと、新国立劇場と東京文化会館が抜けてます。
音の響きが他の施設とは違いますよね。
シンフォニーホールよりもサントリーホールですしね・・・!?
悲しいかな、音楽、文化、そして芸術は、東京なんですよね!
よって情報発信もすべて東京からです・・・。
食に関しては大阪だと思いますが・・・・。

>動揺しなくて童謡がまろ麻呂さんと同様に
弾けますから・・・・
乗ってくるねぇ〜
ボケと突っ込みはやっぱり大阪!?!?!?

先生もはるちゃんの話しが面白いので、
ついついお話しが過ぎたのではないですか?




まろ麻呂
2009/06/18 13:44

コメントする help

ニックネーム
本 文
“チェネレントラ♪”と6回目のレッスン! 七転び八起き?!ヴァイオリン奮闘記!!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる