七転び八起き?!ヴァイオリン奮闘記!!

アクセスカウンタ

zoom RSS レッスン17回目・・・・・・・・。

<<   作成日時 : 2009/09/15 06:24   >>

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

昨日の夜、17回目のレッスンでした。

D線を使った課題曲「アレグレット」は、練習ではいい感じに仕上がっていて、
このくらいなら合格!だと思っていましたが、
本番では大苦戦・・・・・・・・

テンポが速すぎるとの先生の指摘・・・・・。
アレグレットという題名のとおり、速度もアレグレットでいきましょう・・・と。
♪=120(ちなみに4分音符で・・・)くらいのアレグロくらいで弾いているので、
♪=110くらいに落としましょう!
と、言われますが、焦ってどうしても、終わりのほうが速くなったり・・・・!?

「スタッカートがついてる分、どうしても速くなりがちですが、
全くスタッカートがついていないで同時に弾くとしたら、曲調は変わっても最後は一緒に終わるはず・・・。」
と、言う説明で“なるほど!”と、納得しました。

4分音符のスタッカートの後の間が取れていなかったのもあるんです。

そして気持ちを落ち着けて、ゆっくり、間を考えて弾きました。
「そうです。それくらいのテンポで・・・・」と○をもらえました

ト長調の音階はG線からE線まで・・・。
「1の指の音程をしっかり合わせて!」
1の指が狂うと残りの指も狂ってきます。
「上がる方はいいですが、下りは1の指が高く入ってます!」
行きは、よいよい、帰りは怖い〜♪
実際には歌ってませんが・・・・・(笑)

それで、いよいよ音階練習曲の「習作」へ。
まだ、全部暗譜しきれてないので、先生に、
「楽譜見てやっていいですか?」
「それが普通です」・・・・・・・!?!?

「これから長い曲になると困りますから、楽譜見て弾けるようになってください!」

今までの曲はすべて暗譜していましたので・・・。
と言うか、無理に覚えるのではなく、自然に覚えてしまうんですが・・・・。
確かに長い曲は覚えきれないので楽譜を見て弾けるようにならないと・・・・。
それに、音符以外の記号もいっぱい出てくるし・・・・。

どうもまだそのコツがつかめないんですよね・・・・。
この「習作」は目で追いながらやってみよう!そうします!はい!

最後に、ヴァイオリンの駒がちょっと傾いていたので先生に診てもらいました。
「治しちゃっていいですか?」
先生が治している姿は、わが子を診てもらっている、まるで女医さんのよう・・・・(笑)
“治してもらってよかったね!”
2人して家路につきました・・・・・。
なんでやねん・・・・・(爆)

↓読み終わりましたら、ここをプチッとクリックお願いします。
blogram投票ボタン



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
レッスン17回目・・・・・・・・。 七転び八起き?!ヴァイオリン奮闘記!!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる