七転び八起き?!ヴァイオリン奮闘記!!

アクセスカウンタ

zoom RSS 4の指でしっかり弾けるか弾けないか・・・・・。

<<   作成日時 : 2010/04/14 22:44   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

ベートーヴェン「メヌエット ト長調」ですが、もうかれこれ1ヶ月近く練習しています。

最初はそんなに難しさを感じなかったため、これなら、すぐに出来るわ!と思ったのが大間違い!?
深くやればやるほど、どんどん難しくなっていくような、そんな気がします。

特に弾いていて音に非常に不満なのが、4の指で出す音です。

例えば、始まりの“シ〜ド レ〜ド レ〜ド レ〜ド レ〜♪ ミ〜シ ド〜♪ レ〜ラ シ〜♪”の、
“ミ〜シ ド〜♪”の4の指“ミ”の音です。

どうしても、音がかすれます。
4の指をA線につけますが、第1関節から曲げてしっかり指先で押さえることが、
なかなか難しいため、寝かせた状態で押さえています。

ここを“ミ〜シ ド〜♪”から弾き始めると、1の指で“シ”を押さえながら、4の指を押さえられ、第1関節から曲げて、
1と4の指でブリッジを作るような形になり、4の指がしっかりするため音が綺麗に出ます。

しかし、実際に続けて弾くときは、このブリッジが出来ないため、4の指だけで寝かせた状態で、
非常に弱い音になるのだと思います。

譜面には、多くの4の指での指定がされています。

曲の最後の“ラ〜ソ♪”で終わるところも、D線の4の指、3の指で終えています。
ここは先生にはじめにA線の開放弦の“ラ”ではダメですか?と聞きましたが、
微妙に雰囲気が変わるのでダメ!と言われました・・・・(笑)

ただ、この最後のところは、先生にダメ!と言われてから、
開放弦での逃げ口が閉ざされたため、4の指がスッと動くようになりました。

人間甘やかされると、どうしても怠ける方向に行くため、ここは、先生にびしっ!と言ってもらって正解です・・(笑)

毎日四苦八苦しながら弾いていますが、
ほんの少しでも上手くなっていってますので、それがやりがいであり、楽しみでもあります

ICレコーダーが届きました。

まだ使い方もわかりませんので、今日は録音しませんでしたが、
時間のあるときに、一度録音してみます。

自分の演奏を、冷静に聴く・・・・・・。

夏のお化け屋敷よりも冷や汗タラタラ・・・、世の中の何よりも怖い気がするのは気のせいでしょうか!?・・・・・・(爆)

↓ぷちっ!とクリックお願いします!


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちわ♪
4の指、まろ麻呂さんは長そうですね。
私はかなり短いんです。
先日も4の指の音が変、と先生に言われましたが、耳が悪い自分にはわかりませんでした。
昔の教本では小指がカクッとマムシ型になるので悩んだことがありますが、鈴木鎮一先生のおかげでマムシにだけはならずに済んでいます。筋肉はついたのだと思っています。
しるばあ
2010/04/15 11:20
しるばあさん!こんばんは!
4の指、私もそんなに長くないです。
長時間弾いていると、たまに小指がカクカクして言うことを利かなくなります。
でも、ヴァイオリンを始めたころは、自由に動かなかった指も最近は割合動くようになってきました。
まろ麻呂
2010/04/15 21:58

コメントする help

ニックネーム
本 文
4の指でしっかり弾けるか弾けないか・・・・・。 七転び八起き?!ヴァイオリン奮闘記!!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる