七転び八起き?!ヴァイオリン奮闘記!!

アクセスカウンタ

zoom RSS 録音するということ・・・・・・。

<<   作成日時 : 2010/05/18 22:35   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

ICレコーダーを買ってから、付属CDの録音をして、
スピード調整しながらそのテンポに合わせ練習はしていましたが、
自分の演奏を録音する勇気がなかなか出来ませんでした・・・・。

なぜ出来なかったか・・・・・!?
恐らくですが、結果が目に見えていたからです・・・・(笑)

音程がずれている、雑音が入る、リズム感がない、間がとれていない・・・などなど、
粗が浮き彫りになることが予想できたからです。

しかし、録音してみて、もっとショックだったことは、こんなにひどい音で弾いていたのかと言うことです。

耳元で聴こえる音よりは、多少は音質は落ちても、同じような音が聴けると思っていたので、
予想外だったと言うか、耳元の音が逆に人は同じ音として聴こえていないのか?とも思うようになりました。

自分の演奏する音は、距離を置いて、第3者として聴くことは不可能ですから、
録音するしかありません?!

それで、どうしても納得がいかないと言うか、検証してみたいと言うのもあって、
今日先生に無理を言って、お願いをしてみました。

次回のレッスンで、ベートーヴェンのメヌエットを弾いてくださいと・・・・
それを録音して、生の演奏とどれだけ違いが出るか?!
そして、先生のヴァイオリンと私のヴァイオリンの両方で弾いてもらい、
それぞれでの対比もしてみようと思います。

まぁ、結果は想像がつくのですが、私のヴァイオリンで弾いてもらった場合でも録音した音は、
透明な音色だろうなとは思います(笑)

それはそれで、いいのです。

自分の未熟さを知って初めて次の一歩が踏み出せる。
そう思うからです。

ただ、先生のヴァイオリンの場合の方が、美しい音色であって欲しいとも思います。
恐らくそういう結果になるとは思いますが、その差が大きければ大きいほど私的には救われるかな?と・・・(笑)

先生のメールでは、
“今まで録音して客観的に聴いて落ち込んだことは何度もあります”とのことでした。
そして、“レッスンを録音して聞きなおすのもいいですよ!”と・・・。

いろいろ試して見たいと思います。

ただ、これだけは安心してください。
先生の弾かれたベートーヴェン「メヌエット ト長調」を私が弾いたものとして日記にアップしませんから・・・(笑)

いやいや、アップしてもすぐわかりますから・・・・・!?

そうか・・・どうあがいても、やっぱり下手やということか・・・・(爆)

↓ぷちっ!とクリックお願いします。






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
録音するということ・・・・・・。 七転び八起き?!ヴァイオリン奮闘記!!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる