七転び八起き?!ヴァイオリン奮闘記!!

アクセスカウンタ

zoom RSS 東京シティ・フィル・・・ベートーヴェン全曲演奏第1回・・・・・・。

<<   作成日時 : 2010/05/31 23:11   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

もう、このベートーヴェン全曲演奏という響きに、ついついチケットを買ってしまうんですよね!?

今日が第1回で、ベートーヴェン交響曲4番7番でした。
東京オペラシティコンサートホール、もちろん今日も最前列です。

開演前に、指揮者の飯守泰次郎さんのプレトークがありました。

今回の全曲シリーズは、東京フィル創立35周年を記念して行われていますが、
10年前にも、同じく全曲シリーズを行ったそうで、そのときは、ベーレンライター版の楽譜を使っていたそうです。
今回は世界初の試みでマルケヴィチ版を使用するとのこと、これらがどう違うのか、
ベートーヴェンの音楽に対して、後世の作曲家や指揮者がどのように理解しているかなど、
30分くらいにわたり、舞台上で話されました。

とても興味あるお話で、なかなかいいものが聴けて勉強になるなぁと思っていた矢先、
どうやら隣の席のおじさんがダブルブッキングで、係員の方ともめだしたのです!?
女性2人づれとかぶったみたいで、表に出て、話しをしに行かれました。
するとその横のおじいちゃまが、相当ダブルブッキングしてるみたいですよ!と教えてくださいました。
私のとこもそうでした!と・・・・・。

そんな騒動でざわついていて、飯守さんの後半部分がよく聴けませんでした・・・・。

すると、私のところにも、チケットを見せてくださいと!

おいおい、この席は譲りませんよ!
ヴァイオリニストの演奏を見るために、わざわざ、最前列を買ってるんですから!?

まぁ、そんな心配はよそに、他の方を別の席に移したみたいです。

でも、こんな場合、誰を優先するのか!?
クレームをつけなかった人を外すのか、どう処理してるんでしょうね!?

私は、説明も受けずにそのままでしたから、クレーム派だと思われたのでしょうか?
そのあたりは、よくご存知で!(笑)

あっ!ちなみに、横のおじさんは勝ち誇った顔で帰って来られました・・・・・(爆)


本題の演奏に話しを戻すと、このマルケヴィチ版ですが、
4番のときはわかりませんでしたが、7番はかなり違いました。

元々7番は指揮者によって違いますが、第1楽章、第4楽章は、わりとはっきり違いが出ていました。
どれがいいとは、私も判断がつきませんが、iphoneに入っていていつも聴いているベルリンフィル カラヤンとは違って、違和感を感じました。
決してカラヤンが好きなわけではなく、音が綺麗で、オーソドックスなのでカラヤンを入れているだけです。

ヴァイオリニストの動きは、徹底して弓の持ち方を見ました。
特に今日は、後方の下から見えましたので、右手の親指の位置や中指薬指の位置関係も見ることが出来ました。
明日からの参考にしたいと思います。

そして、ヴァイオリンの練習ですが、今日からブラームスの「ワルツ」をやりはじめました。
前半部分だけですが、スムーズに入れそうです。

明日の日記で、昨日の発表会でなぜ失敗してしまったのか、
自分なりに検証した結果を書きたいと思います。
そして、その対策をどうするか、そのことも書きます。

昨日の失敗で、正直、本気モードに入りました

弓の持ち方から、やり直します

まろ麻呂ちゃん!そんなに意気込まないでも、ゆっくりやればいいのに・・。

ダメです!気合入れてやらないと

よっぽど、こたえたみたいやね!?昨日の失敗・・・・・・(爆)

↓ぷちっ!とクリックお願いします。








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
東京シティ・フィル・・・ベートーヴェン全曲演奏第1回・・・・・・。 七転び八起き?!ヴァイオリン奮闘記!!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる