七転び八起き?!ヴァイオリン奮闘記!!

アクセスカウンタ

zoom RSS ちょっと詳しく書いて見ます・・・・・・。

<<   作成日時 : 2010/07/04 23:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 4

今日もヴァイオリンの話しは少しだけ・・・・。
全体を通して、ポジション移動を含めて、詰まりながらですが弾けるようになっています。
やっと、ポジション移動が板につきつつあります・・・・!?と言える様に頑張ります・・・(笑)

それで、今日は、先日7月2日にお約束していた、乳酸菌共生培養濃縮液のお話しです。
この話しは、5月3日、21日、7月2日と書いてきました。
前回の日記で、乳酸菌共生培養濃縮液のことが知りたいと、メッセージもいただきましたので、
そのメカニズムと驚異のパワーについて、
医学博士で杏林大学臨床内科学教授の柳澤厚生先生の書かれた小冊子から引用して説明いたします。

まず、乳酸菌と言うと、市販のヨーグルトなどの乳酸菌製品はよく知られていますが、
ここで述べる乳酸菌生産物質や乳酸菌共生培養濃縮液はヨーグルトの乳酸菌とは概念が違います。
体にいい影響を及ぼすのは、乳酸菌生産物質だと言うことが最近になってわかってきました。

そもそも乳酸菌の菌種は300種以上にのぼり、その生産物質はそれぞれ独自の特性をもっています。

そして、乳酸菌共生培養濃縮液は、世界中の純粋菌の中から厳選した、体に有益な乳酸菌と酵母を共生させ、
それぞれの発酵条件の違いを超えバランスよく一括相互強化させる「共生培養」という特殊な技術によって作り出される生産物質を分離し、濃縮・熟成したものです。

コーカサス地方のケフィアという発酵乳飲料が、この地方の人々の長寿の源として話題になっていますが、
ケフィアはこの地方で発生する十数種類の乳酸菌と酵母が、偶然に複合発酵(共生発酵)してできたものです。

今回の乳酸菌共生培養濃縮液は、25種類もの多種類の乳酸菌や酵母菌が共生培養されていて、
それぞれの特性を合わせ持っていることから、多くの人たちに素晴らしい効果をもたらしています。

今、医療そのものも様々な見直しがなされ、人間本来の免疫力・自然治癒力を高めることが健康であるための大きな鍵となることが認識されています。
腸内の自分自身の有益菌を活性化させることで自身の免疫力を高めたり、免疫バランスを保つことで健康な生活を送ることが出来るのです。


ここまでが、柳澤先生の小冊子のまえがきの部分の抜粋です。
もっと詳しい解説がありますが、ちょっと書ききれませんので、
私の言葉で私が理解した範囲で、以下簡単にまとめます。

人は、例えば、指先など切りきずを負った場合、軟膏などをつけますが、
実際は、人が本来持っている免疫力、自然治癒力により傷を治します。
傷つけられた細胞を、正常な細胞が修復していく機能を人間は持っているのです。

人間の体は60兆個もの細胞が集まって出来ています。
この中には、がんのような悪い細胞も存在し、日々、正常な細胞と戦っています。
ただこの戦いも、年を取って免疫力が低下したり、疲れがたまったり、ストレスをかかえたり、
また暴飲暴食など食生活が乱れたりすると、免疫力が弱まり、がん細胞が活性化していきます。
そして、人間の体の弱い部分から、がんと言う病気として発症していくのです。

西洋医学の、抗がん剤や放射線治療は、がん細胞も破壊しますが、正常な細胞も同時に破壊し、
人間の体に想像以上の負荷をかけるため、様々な副作用を併発します。
(抗がん剤治療や放射線治療などを決して完全否定してるわけではありません。)

今回の乳酸菌共生培養濃縮液は、本来、人に備わっている免疫力を高めるサポートをするものと考えればいいかと思います。
詳しく医学的に説明することは、私には出来ませんが、
そのメカ二ズムはなんとか理解することが出来るのではないでしょうか。

ちなみに、補足になりますが、
市販のヨーグルトなどに含まれる乳酸菌やビフィズス菌は、
胃や腸に達するまでにほとんどが酸で死滅してしまうこと、
そして、仮に生き残って腸まで達したとしても、元々生まれ持った乳酸菌と性質が異なるため、
根付いて乳酸菌としての働きをすることなく死滅してしまうそうです。

ここまで、とても難しい話しですが、私のつたない文章で伝わりましたでしょうか!?

↓ぷちっ!とクリックお願いします。












テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます
膀胱ガンの友達は電話が通じず、また入院かもです。
乳酸菌共生培養濃縮液、予想通りお高いんですね。
丸山ワクチン、インタ−フェロンも高いし、新薬の開発も大変なことは承知ですが。
40代で亡くなった従弟の治療費はものすごかったです。早期発見で飲めるようにすればいいんですね。
ヴァイオリンで楽しんで、グチも吐きだしてしまう性格なので、私は絶対ガンにならないつもりですが、乳酸菌共生培養濃縮液のこと、少ない知人におしゃべりするようにしますね。ありがとうございます。
しるばあ
2010/07/05 06:10
しるばあさん!おはようございます。
そうでうね・・・。
中小メーカーなので、大量生産もできませんし、開発費はもう償却しているかも知れませんが、
設備費や日々のコストを価格に転嫁していくと、
一個当たりの単価は、大手メーカーに比べれば高くなるのでしょう。
たくさん販売できれば、価格も下げられるとは仰ってましたが・・・・。
いいものだと私も実感していますので、理解いただける多くの方に、飲んでもらえればと思います。
まろ麻呂
2010/07/05 10:13
おはようございます
昨日はいきなりつまらないことを言って申し訳ありませんでした。削除してくださいね。
膀胱がんの友達は民間薬は絶対飲まない人ですが、飲むヨ−グルトは好きなので、試しに持っていこうかしら、と思っています。全然ちがうでしょうか。
自分も歯医者も含みますが、医者サプリとかなり毎月かかっていることに気がつきました。乳酸菌培養濃縮液のほかの効用も調べてみますね。
しるばあ
2010/07/06 06:21
しるばあさん!こんにちは!
飲むヨーグルトとは、全く違います。
お薬ではありませんが、民間薬を飲まれない方だと、
難しいかもですね。
効用はいろいろあるみたいですね。
まろ麻呂
2010/07/06 10:55

コメントする help

ニックネーム
本 文
ちょっと詳しく書いて見ます・・・・・・。 七転び八起き?!ヴァイオリン奮闘記!!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる