七転び八起き?!ヴァイオリン奮闘記!!

アクセスカウンタ

zoom RSS 下準備をしっかりする・・・・・・。

<<   作成日時 : 2010/08/11 22:56   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

まずは、ヴァイオリンの話しですが、昨日、ピアノの鍵盤を紙に書いて、
ニ短調の音階を確認し、続けてヴァイオリンの4本の弦を紙に書き、指位置を記して行きました。

この下準備が功を奏したのか、ニ短調の音階はばっちり
下がっていく方の“ド”の音は微妙ですが、だいたい音程も取れているようです。

CDの音階を聴いて音を認識し、指を合わせると、結構音程が合うまで時間がかかるかなと思っていましたが、
割合、スムーズに出来ました!

曲の方も音程を意識して、しっかり弾きたいと思います


ところで、先日少しお話ししていた、がん治療のお金の問題ですが、
今日はこのことを、下準備をしっかりして備えると言う観点からお話ししたいと思います。

がんと診断され治療に入ると、莫大に治療費がかかると言われています。
そのために、がん保険など、まさかの時の備えが必要になるのですが、
そもそもなぜ治療費が莫大にかかってしまうのでしょうか?

一つは、がんの治療に関しては、公的保険の保険適用外診療が多いことが上げられます。
抗がん剤治療に関して言えば、厚生労働省が国内で認可したものが保険適用になりますが、
例えば最新の米国で認可された治療薬は、平均4年後しか日本では認可されないと言われています。
このドラッグ・ラグと言われる現象が、治療を高額なものにしているのです。
安い治療費で済まそうとすれば、数年前の治療をしなければならず、副作用も多い・・・・。
治療費が使えない患者さんは、自ずと治癒率が低下するという結果になります。

また、現在の最新治療の中には、免疫細胞治療や、重粒子線治療のような、高度先進医療と言うものがあります。
これらは、当然のことながら、保険適用外診療です。
治療結果を出すのに数クール治療を継続し、3百万円〜4百万円の治療費がかかります。

よほど、しっかりした備えをしていないと、おいそれとは治療に入れないですよね?!

では、がん保険に入っていれば、万全なのでしょうか?
ここが、今日のポイントです!

今、テレビで盛んに宣伝していますね・・・・!?
月々107円を加えるだけで、高度先進医療の特約がつけられます!と・・・・・。
例えば、先ほどの重粒子線治療ですが、放射線治療のもっと精密ながん細胞を粒子でピンポイントに攻撃する治療法ですが、この特約をつけていると、あたかも300万くらいかかる治療費が保険で担保されると考えてしまいますが、・・・・ここには大きな落とし穴があります。

この高度先進医療と言うのは、厚生労働省が認可した86の症例がこれにあたります。
確かに重粒子線治療はこの25番目に上がっています。
ただし、厚生労働省は指定病院を同時に上げているのです。
ちなみに、この重粒子線治療に関しては、
*重粒子医科学センター病院(千葉)
*兵庫県立粒子線医療センター(兵庫)
*群馬大学医学部付属病院(群馬)
この3病院しか認可していないのです。

すなわち、この3病院で治療を受けなければ、先進医療特約の治療費、数百万円は保険でおりないということです!

テレビでは、あたかもこの特約をつければ、誰もが先進医療が受けれるような見せ方ですね?
CMが切れる寸前に、条件に合わない場合は適用にならないような文字が一瞬出ますが、
かなり注意していてもわかりません。

保険会社に電話で聞いても、上記のことを詳しく即答できる人はいないと思います。
実際、私が別の保険会社に問い合わせたら、回答に3日かかり、調べたらちょっとずれていましたから・・・。

もっと詳しく書きたいですが、長くなってしまいました。

後日、このお金のことはもう一度書きます。
また、あまり知られていない、がんにも適応される障害年金のことにも触れたいと思います。

↓ぷちっ!とクリックお願いします。









テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
下準備をしっかりする・・・・・・。 七転び八起き?!ヴァイオリン奮闘記!!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる