七転び八起き?!ヴァイオリン奮闘記!!

アクセスカウンタ

zoom RSS 〜清水直子&オルガー・アイディン デュオ・リサイタル〜・・・・・・。

<<   作成日時 : 2010/08/14 00:30   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 5

今日は、先日も予告していましたが、杜のホールはしもとに、
清水直子&オルガー・アイディンのデュオ・リサイタルに行ってきました。

清水直子さんと言えば、べルリン・フィルのヴィオラ首席奏者です。
7月21日の日記にも書きましたが、実は私は清水直子さんの隠れファンでして、
その理由は7月21日の日記をお読みください・・・・(笑)

杜のホールはしもとは、2回目でして、前回はシン・ヒョンスさんのヴァイオリンリサイタルでした。
このときの模様は7月19日の日記に書いていますが、
今回は明らかに客層が違ったというか、音楽の通の方が多いように思いました。
そらそうですよね、ヴィオラのリサイタルに来られる方ですから、
それなりに音楽に精通されている方に間違いありません。
私のように清水直子さん目当ての方ももちろん大勢いらっしゃったでしょう。

1曲目のJ.S.バッハ「ヴィオラ・ダ・ガンバ・ソナタ ト長調 BWV1029」ですが、
“ヴィオラ・ダ・ガンバ”とは“脚のヴィオラ”と言う意味で、18世紀ごろまで用いられていた弓弦楽器のことで、
脚で支えながら弾くチェロに似た楽器だったようです。
現在のヴィオラは形状的には本当はもっと大きくないと、ヴァイオリンとチェロの中間部の音が出せないようで、
持って弾く限界が今の大きさらしいのです。
今日のこの1曲目で、ヴィオラの音の通りが悪く感じたのは、このあたりの理由で限界があったのかも知れませんね。
この曲はチェロで演奏されることも多いらしいですから・・・。

2曲目は、ベートーヴェン「ピアノ・ソナタ 第17番ニ短調 テンペスト Op.31-2」でした。
ヴィオラはお休みで、オルガー・アイディンさんのピアノでした。
やはりベートーヴェン!惹きこまれました。

そして、3曲目からは、ヴィオラの音もとても響き出して、魅せられました!
清水直子さんの、顔の表情や、体全体を使って弾くパフォーマンスは、ダイナミックで素晴らしかったです

アンコールを2曲演奏されましたが、その合間に少し曲紹介だけされました。

そしてお決まりのサイン会です♪
何か話しかけようと思って並んでいました。
すると私の前に並んでいた女性は、おそらくヴァイオリンかヴィオラを弾く方なのでしょう。
首のところに、楽器があたる跡がついていましたから・・・・。

順番が来て、その女性が、
「4年前?にベルリンフィルを見に行きました!」と、仰ると、
清水直子さんが、
「誰が指揮してたときですか?」と聞かれてました・・・・・。
しかし、その女性は、覚えてないようでした・・・・。

やはり演奏家ですから、誰が指揮棒を振ったかで記憶をたどるのでしょうね!?

そして、私の番になり、
「いつもベルリンフィルの“DVD”で見てます!」と、DVDを強調して言うと、
「そうですか?!」と言って、吹き出しておられました・・・・・(笑)

無事、CDにサインをもらい、今、聴きながら日記を書いています。
後で、DVDを見て寝よっと・・・・・!?

そうそう、サイン会があるとは知らず、コンサート前に餃子食ったんですよね!?

あのねぇ〜まろ麻呂ちゃん!サイン会でニンニクくさい人がいたなんて覚えてませんから!?

覚えてもらえないなら、“はぁ〜”ってすれば良かった?

嫌がらせか・・・・・・!?(爆)

↓ぷちっ!とクリックお願いします。








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちわ
昨日はありがとうございました。
実は杜のホ−ルに行きました。
行きたいと捨てないでいたチラシの一番上に杜の響きシリ−ズの2枚がありまして、あ、まろ麻呂さんの記事の、というわけで
ちょうど橋本にも用がありまして・・・・
ヒンデミットとかホリガ−で楽しめないだろうと迷っていたのですが、素晴らしかったです
清水直子さんは写真よりずっとチャ−ミングでドレスも素敵でしたね
まろ麻呂さん、最前列にいらっしゃるかと見てみましたが、やめました。もう少しヴァイオリンが上手になったら、機会があったら、ばかっぽいおばぁさんですけど探しちゃいますね。でも鈴木大地さんに似たかた、おみかけしました
練習、がんばってくださいね。
しるばあ
2010/08/14 17:36
しるばあさん!こんばんは!
そうなんですね!昨日来てらしたのですか?!
確かに、あのパンフの写真はいただけませんでしたね!
しかし、舞台に登場されたときは、満面の笑顔でとてもチャーミングでしたね!
私はちなみに最前列ではなく2列目でした。
鈴木大地に似ていた方が私かどうかは?????
大昔、痩せていたころの話しですからね!?!?
まろ麻呂
2010/08/14 21:38
いつもたびたびすみません。
弓の毛替えも考えているので、検索していたら、なんどか拝見したブログのかたのところへいきました。
やはりスズキで練習しているかたで、まろ麻呂さんと同じくらいの年齢、習って1年8カ月くらいのかたですが、かなり初期からギヨ−ムのプロトタイプという弓をお使いのよう。ライカを何台か処分して買われたようですよ。ごらんになったかもですが。
まろ麻呂さんも弓、思いきってみませんか?
練習曲のこまかい説明もあり、参考になります。
しるばあ
2010/08/14 22:10
しるばあさん!たびたび、こんばんは!
他の方のブログはあまり読みませんので、
その方のことは存じません・・・・。
ライカを数台お持ちだったってことは、
こだわりのある方なんでしょうね?
弓も初期からギヨームをお使いとは、ライカが好きな方の嗜好なのかも知れませんね?!
でも、1年数ヶ月のレベルで弓のブランドを競い合っても仕方ないですからね(笑)
テクニックが伴わないのに、値段のはる弓を持っていても使いこなせないのではないでしょうか?
私は昔写真もやってましたが、ライカを使いこなしている方を今まで見たことがありません!?
弓は考えてまして、お盆にヴァイオリン屋さんをのぞいてこようとは思っています。
もちろん、買うとしても、身の丈に合った弓しか買いませんが・・・。


まろ麻呂
2010/08/14 22:36
そうですね。
私はブランド好きではありません。
父や弟に反発していました。
それは現実的な女だからですが。
メロン、大丈夫かなぁ
しるばあ
2010/08/15 05:21

コメントする help

ニックネーム
本 文
〜清水直子&オルガー・アイディン デュオ・リサイタル〜・・・・・・。 七転び八起き?!ヴァイオリン奮闘記!!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる