七転び八起き?!ヴァイオリン奮闘記!!

アクセスカウンタ

zoom RSS 少しだけ・・・・・・・・・・・・・・。

<<   作成日時 : 2010/09/16 23:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

最近気づいたことなんですが・・・・・・、右手も左手の指も少しだけ動かす方が、正確に音を作れるのではないかと言うことです。

よくレッスンの時に先生に注意されるのが、次の指の準備をして、大きく指を上げ下げしないで、
すっと静かにポジショニングすると言うことです。

ついついクセになっているのでしょうか!?大きく指を動かして指板の弦を押さえに行ってしまいます。

同じく右手も、弓幅を大きくしすぎないで、少しだけ弦を擦って音を出す方が、雑音は混じりません!?
もちろん音符により弓幅を多く使うことはありますが、これもまた全体的に大きく動かすクセがついている気がします。

移弦も同じく角度を変えるだけで移弦していく、この場合も雑音が混じらないように、
最短距離を移動する方が、正確に音を出せますよね?!

ヴァイオリンは、指のポジショニングは数ミリの正確性を要求されます。
移弦のときの弓の角度は数度の世界ですよね!?

正確性が要求されるが故に、弓や指を動かす距離は少ない方がミスも少ないです。

こじんまりまとまって、大胆さがなくなるのは問題ですが、
それも雑音が混じらず、音程が合ってのことです。

わかってはいたことですが、改めて考えると、とても大事なことのように思います。

なぜ、今になって気づいたかというと、弓を替えて、少しだけレスポンスが良くなったため、
強く幅広く弓を弾かなくても、音が出るようになったからかも知れません。

結論としては、やはり高い弓、高い楽器が上手くなる最短距離だと言うことなんでしょうか?!

“世の中、金って言うことですか?”

って言うことです・・・・・!(笑)

“いや、いや、まろ麻呂ちゃん!そこは否定してくれないと、意地汚い日記になってしまいますから!?”

お金より愛です

“なんか、うそっぽくて、しらじらしいのよね?!”・・・・・(爆)

↓ぷちっ!とクリックお願いします。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。
2.3日前ネットで、綺麗な音を求めて小さい音や弓では良くない、ホ−ルでは雑音は消える、とかの記事もありました。私にホ−ルの演奏はありえませんけど。
今の先生は弓をたっぷり使うよう指導されます。前は無駄に使わないようと言われました。曲によって異なるのでしょうね。
左手の指は力の入れ具合替えただけで音程が変わりますね。数日前見た?コンサ−トでの奏者さんは細い指を高くあげてビブラ−トかけていました。なんでも曲想や音符によるのでしょうね。
今朝もありがとうございます。うまくならず凹みがちですが、元気がでます。きれいな音がでるようボ−イングもゆっくりしてみます。
しるばあ
2010/09/17 05:37
こんばんは!
弓を小さく小刻みに使うときも、大きくゆったり使うときも、無駄な動きをしないように!と言うことですよね!
弓が遠回りしたり、角度が大きく傾いたりすれば、
雑音が入り、音もピュアではありませんからね!?

左手の指の力の入れ具合、押さえる深さはも、ほんと難しいですね!
まろ麻呂
2010/09/17 22:41

コメントする help

ニックネーム
本 文
少しだけ・・・・・・・・・・・・・・。 七転び八起き?!ヴァイオリン奮闘記!!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる