七転び八起き?!ヴァイオリン奮闘記!!

アクセスカウンタ

zoom RSS “クロイツェル”・・・・・・・・。

<<   作成日時 : 2010/11/18 23:06   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

先日の庄司紗矢香さんのコンサートで、この“クロイツェル”が良かったと日記に書きました。
あれ以来、iphoneに取り込んでいつも聴いていているのですが、
私の悪い?クセなのか、他の演奏者の“クロイツェル”もやたらと聴きたくなり、
諏訪内晶子さんのCDを何とか手に入れようと、探していました。

諏訪内晶子さんのベートーヴェン ヴァイオリン・ソナタ、7番9番はすでに製造がされてなく、
銀座の山野楽器に行っても、HMVでも購入不可だったのです。

それで、アマゾンのサイトをのぞくと、1枚だけ新品でありましたので、
何はともあれ、購入いたしました。

画像


そして、この諏訪内晶子さんの“クロイツェル”と庄司紗矢香さんの“クロイツェル”を聴き比べたのです。
第2楽章を徹底的に・・・・。


画像


特に、第2楽章のヴァイオリンが中心となる第2変奏部分では、
庄司紗矢香さんのは、おとなしめでやさしく奏でていて、女性っぽい感じ・・・。
反対に諏訪内晶子さんのは、音のメリハリが強く、抑揚も効かせて男性的な印象を受けます。
どちらかというと、諏訪内さんの方が、ピアノ伴奏としっくりきていて、
アンサンブルが上手く取れているように思います。

どちらがいいかと言われると、
庄司紗矢香にあれほど傾注して聴いていたにもかかわらず・・・・?!
諏訪内晶子さんですかね・・・・(笑)

まぁ、これは好みの問題かとも思いますが、
諏訪内さんのは、32分音符の小刻みな響きが小気味良く心に響いてきます。

7番はそんなにいいと思わなかったのですが・・・、
これも何度か聴いていくと引き込まれそうな気もします。

それと、庄司紗矢香さんは、舞台でも最初気になったのですが、
音の出が小さいんですよね・・・・・!?
それも、このCDで改めて比べると気になるところでした・・・・。

そういえば、諏訪内晶子さんは、この11月ロンドン交響楽団と国内公演を予定しているんです。
26日にサントリーホールで、シベリウスのコンチェルトを弾かれるんですが、
これがまたチケットが高い・・・・・!?
海外の有名オケとの共演ですから、高いのは当たり前なのですが、
何とか、いい席を安くでゲットできないか、先日からヤフオクを見続けているのですが、
まだこれと言うのが見つかりません!?

ぎりぎりまで待ってみようと思っていますが・・・・・

“それにしても、まろ麻呂ちゃん!どれだけCD買うのよ?!
部屋の中、CDの山で足の踏み場もないのと違う?”

なんで知ってるのん・・・・・?(爆)

↓ぷちっ!とクリックお願いします。












テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
“クロイツェル”・・・・・・・・。 七転び八起き?!ヴァイオリン奮闘記!!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる