七転び八起き?!ヴァイオリン奮闘記!!

アクセスカウンタ

zoom RSS レッスン66回目・・・・・・・・・・。

<<   作成日時 : 2010/11/21 20:02   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

今日は66回目のレッスンでした。

課題曲、トマのガヴォットですが、今日もスタッカートの指摘を受けました。
特に今日は、37小節目など、スタッカートとスラーが連続しているところ、“ファッファシ ソッソラ ラッラレ♪”の、
後ろのスラーがつまり気味だということです。
スタッカートで止めて、後ろのスラーはおちついてゆったりと・・・・。
おまけにここは移弦があるのと、フラットがついていて音程も難しいのです。

そして、曲調が変わる、35小節目で、はきはきとした曲調から、しっとりと弾く、この弾き分けが必要とのこと、
逆に46小節目で再び曲調が変わります。

どうも全体的に、小節間での音の変化がつけられていないようです。
まだまだ細かなところにまで、気を使えてないように思います。

もちろん、もう一度やり直しでございます・・・・・

今日は、レッスン前に1時間半くらい弾いていきました。
帰ってからは1時間・・・・・。

過去の練習曲を3日くらい弾いてませんでしたので、
久々にメドレーで弾きました。
いや、それが、不思議なことに、練習していないゴセックの「ガヴォット」やベートーヴェンの「メヌエット」が
上手くなっているのです?!
トマの「ガヴォット」はなかなか上達しないのに・・・・(笑)

どうしてなのか考えてみると、右手の弓が大きくゆったり弾けてきたのです。
これは、左手の指のポジショニングに神経を使わずに、右手の弓に神経が使え、
しっかり正確に弓が弾けているためだと思われます。

反対にトマの「ガヴォット」は音程を取るのに左手に神経が行き過ぎているので、
運弓が小さくなってしまっているように思います。
スタッカートやスラーなど気を使うところが多いのも、弓の幅を小さくしている原因かもしれません!?

曲が難しくなればなるほど、気を使うところが多く、習得していくのも大変なんでしょうね?!

いや、あの、私生活であまり気を使わないもので、曲が難しくなるとついていけないんですよね・・・(笑)

“全然関係ないし・・・・・!?”(爆)

↓ぷちっ!とクリックお願いします。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
レッスン66回目・・・・・・・・・・。 七転び八起き?!ヴァイオリン奮闘記!!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる