七転び八起き?!ヴァイオリン奮闘記!!

アクセスカウンタ

zoom RSS 〜庄司紗矢香&ジャンルカ・カシオーリ デュオ・リサイタル〜・・・・・・・・。

<<   作成日時 : 2010/11/09 00:03   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

今日は、サントリーホールに行って来ました

最近はまっている、ベートーヴェンのヴァイオリン・ソナタのリサイタルでしたので、
非常に楽しみにしていました。

庄司紗矢香さんは、以前にリゲティのヴァイオリン・コンチェルトで大阪のシンフォニーホールに聴きに行きました。
その時の模様は日記にも書きましたが、現代曲だったため、良さがよくわかりませんでした・・・!?(笑)

しかし今日は、耳にタコが出来るほど最近聴きこんでいる、ベートーヴェンのヴァイオリン・ソナタです!
演目は、2番、5番“春”、9番“クロイツェル”でした・・・・。

座席がチケットを取るのが遅かったため、2階席の正面に向かって右側のサイドで、
ピアノとヴァイオリンが右斜め前に見える位置でした。
楽譜台が置かれていて、どちらかと言うと庄司紗矢香さんは、こちら向きでしたので、
向こうサイドよりもいい席だったかと思います。

プログラムは2番からでしたが、
第1楽章の出だしから、ヴァイオリンが鳴っていないのか、ピアノの音が勝ってしまっているのか、
はたまた席が悪いのか、とてもヴァイオリンの音色が聴きづらかったのです。
そして、第2楽章は、庄司紗矢香さんが思い入れの強い2番の中でも特別と仰る楽章です。
さすがに、この第2楽章は魅せてくれました。

私もこの2番の第2楽章は大好きです。

5番“春”に関しては、いつものグリュミオーのよりテンポがゆっくり・・・・。
グリュミオーよりもっと早いハイフェッツと比べると、かなりスローテンポに聴こえます。
聴き慣れるというのは怖いもので、スローなテンポでもいいものはいいのですが、違和感があるんですよね!?

休憩を挟んで、9番“クロイツェル”へ・・・・。
前半とは、比べ物にならないくらい、1729年製ストラディバリウス“レカミエ”が鳴っています。
圧巻だったのは、第2楽章です!
素晴らしい音色で、本当に魅せられました

元々、この“クロイツェル”はあまり好きではなかったんですよね!?
私が好きで良く聴くのは、2番、3番、5番、6番、7番です・・・・。
しかし、生で庄司紗矢香さんのヴァイオリンを観ていると、本当に惹きこまれてしまいました。
何小節目がわかりませんが、E線の高音部へのポジション移動を繰り返す箇所です。
この第2楽章の魅せ場ですね!
CDでは、伝わりませんでした・・・・。

演奏終了後、お決まりのサイン会です!
今日もたくさんの方が並んでおられました。
私は、最近発売された、ベートーヴェン ヴァイオリン・ソナタ2番9番のCDを買い、列に並びました。
「クロイツェル良かったですよ!」と、話しかけようと思いましたが、
後ろも大勢並んでおられたので、珍しく遠慮してしまいました・・・・(笑)

と、言うか、庄司紗矢香のタイトルでブログを書くと、
検索エンジンの上に来ると、結構アクセスが多いんですよね!?

よって、下手なことを書いて墓穴を掘る前に、このへんで終わりにしておきます・・・・(爆)

↓ぷちっ!とクリックお願いします。







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
〜庄司紗矢香&ジャンルカ・カシオーリ デュオ・リサイタル〜・・・・・・・・。 七転び八起き?!ヴァイオリン奮闘記!!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる