七転び八起き?!ヴァイオリン奮闘記!!

アクセスカウンタ

zoom RSS 〜川井郁子 10th アニバーサリーツアー 2010-2011 “REBORN”〜・・・・・・。

<<   作成日時 : 2010/12/23 22:50   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

一昨日の21日に兵庫県立芸術文化センターで川井郁子さんの10thアニバーサリーツアーを観て来ました。

このホールは初めてでしたが、とても立派なホールで、立地も阪急電鉄西宮北口駅と直結していて、
雨に濡れることなく、ホールまで行くことが出来ました。

前回の川井郁子さんのコンサート同様、趣向を凝らした演出で、いろいろこだわりを見せた、そんな舞台でした。

バレエの世界的なダンサーでレニングラード国立バレエ団の芸術監督でもあるファルフ・ルジマトフとのコラボ企画のことを熱心に語っておられました。
そしてそのコラボ企画を映像で流され、それをバックに演奏もされました。

レニングラード国立バレエ団は現在来日して、各地で公演していますね。
私はバレエは生で観た事がありませんが、先日録画してあった、「くるみ割り人形」を見ていたのですが、
これがまた、なかなか面白いのです。
バレリーナの表情や、踊りで表現したりする様が・・・・・・。
一度生で見てみたいと思っていて、このルジマトフのことは知っていたのです・・・。
映像で見ましたが、やはり一流の方は、何かが違うのですね!?

また、途中のトークの中で、ロンドン公演のこともお話しされていましたが、
クラシックはここ最近、めったに弾かないらしいのですが、
このときは演目がフランクのヴァイオリン協奏曲だったらしいのですが、
今までとは全く違う感覚で弾けたそうです・・・・。

と言うのも、クラシック音楽と言うのは、作曲者が書いた譜面をその意図する通りに曲にしていかなければならないと思い込んでいて、演奏者のオリジナリティが出せないことで、演奏することを迷っていた時期があったそうです。

しかし、今回のロンドン公演では、自分のオリジナリティを出すことが出来たと、
クラシックもこれから弾いて行きたいとおっしゃってました。

今までとは違った川井郁子さんも観てみたいですね!

今晩、東京に戻りましたが、バタバタしていて、ヴァイオリンの練習も十分出来ませんでした!?
年越しまであと1週間余りとなりましたね!
悔いなく2010年を終えるために、あと1週間、仕事もヴァイオリンも頑張ります

↓ぷちっ!とクリックお願いします。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
〜川井郁子 10th アニバーサリーツアー 2010-2011 “REBORN”〜・・・・・・。 七転び八起き?!ヴァイオリン奮闘記!!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる