七転び八起き?!ヴァイオリン奮闘記!!

アクセスカウンタ

zoom RSS レッスン73回目・・・・・・・・・・。

<<   作成日時 : 2011/01/25 21:48   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 5

今日は73回目のレッスンでした。

課題曲は、ボッケリーニの「メヌエット」ですが、
今日は、より細かく指導を受けました。

まずは、超苦手なトリオです。
どうしても、一音一音が綺麗に弾く事が出来ず、装飾音の“ミファ”が早くなります。
繰り返しやってもダメ!?
むしろ、指先を凝視しないで、目線を外す方がいいのではと思い、
先生の顔を見ながら弾くと、これが不思議と出来るのです・・・(笑)

それで、また、指先を見てやると、詰まってしまいます。
何なんでしょうね!?これって?!

恐らく、指を見ながら動かしていては、間に合わないですよね!?
見て動かすのではなく、リズムで規則的に動かさないといけない?!
この、指が動くメカニズムって知りたいなと思っているのですが、
脳から指の神経に、動かせ!と指令が行くのか、
あらかじめ、この順番で動かすようにインプットされていて、
その通りに動かすのか!?
どうなっているのでしょう!?

少なくとも、見てない方がスムーズに動きます。

そして、2点目は、やはり今日もスタッカートとそうでないところの弾き分けでした。
スタッカートだけのところは、良く止まるようになりましたが、
そうでないところは、まだはっきり表現できていないようです。

3点目は、抑揚に関して、徹底的に指導を受けました。
クレッシェンドとデシェンド、メゾフォルテとピアノの違いを弓幅を考えて弾きなさいとのことです。
ここでも、やはり、メゾフォルテでのスタッカートで弓幅を使って、しっかり止めるというのが、
課題になります。
アップボウのときの、弓幅の取り方も注意されました。

まだまだですね?!
もう少し時間がかかりそうです。

今週と来週は関西におります。
夜の飲み会もありますので、十分に時間が取れませんが、
時間を見つけて、練習したいと思います。

今日は帰って来て、1時間半弾きました。
レッスン前に30分、レッスンで1時間弾きましたから、
トータル3時間!!
最後はいつものように一体感のご褒美をいただきました・・・・(笑)
3時間練習しないともらえない?!ほんと不思議です・・・・・!?!?

↓ぷちっ!とクリックお願いします。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
脳以外のどこか、多分腕の筋肉?が記憶する。
keyboard操作で、そういった経験はありませんか。

関西にreturnしてしまう?
感覚的に面白い方?が。
音楽が好き、にされつつある
2011/01/26 11:55
キーボードでも、ある意味無意識に指は動きますが、
ヴァイオリンの場合は、テンポが音符によって違いますから、その違いを指に伝えないといけないのです。
それを瞬間的にするというのは、やはり脳からの指示だと思うのですが・・・。
まろ麻呂
2011/01/27 22:49
情報伝達系と動作系、
脳からの指令などの情報が情報伝達系を介して
動作系に伝えられ、
動作系がそれに答えて動作する(と考える)。

どこかが記憶する:
指令は動作する、どのような動作をする、
などのいろいろ必要な情報を含んでいる。
動作系が同じ動作を何度も繰り返すとその動作を
学習し、かつ動作系の構成もそれに馴染み、
そのような動作をし易くなる。
この状態では、指令の一部の情報だけで、
動作系は馴染んだ動作を自律的に行ってしまう。
馴染んだレベルで、動作系の動作のし易さが決まる。

複雑な動作:
例えば、複数の細かな一連の動作を瞬時に行う。
この動作では、命令に含まれる複数の情報が瞬時に
変わる、だろうと思います。
動作系がこれら一連の個々の動きを連続して、
また、速度、方向、圧力(玄間の)などを変えながら
行わねばならない。
理屈で捉えるとこうなりますね。複雑ですね。
決定要因が多すぎる。
この動きを分解し、動作系に覚え込ませざるを得ない。
大変な作業ですね。
以上は、時間潰しの勝手な想像です。
これでも良い音を聞きたい、のであります、か。

この辺を扱う専門書、文献はあると思いますが。
音楽が好き、にされつつある
2011/01/28 20:42
長文ありがとうございます。
だいたい想像していた通りの理論でした。
ヴァイオリンの場合のフィンガリングは、複雑な動作になるのだと思いますが、ある曲の一部分だけを切り取れば、
記憶した動作を繰り返すことで自然に動くようにあるのだと思います。
ただ、問題は、曲が変わったときが厄介で、
前の運指を記憶しているために、その記憶に従いたがることで動作に混乱をきたすのです。
その都度、この記憶を消し去り、新しい情報で動作させないといけません。
複雑な動作で言うと、速度(停止も含む)、方向(縦横、右左、上下の3次元)、圧力はさほど気にしなくていいですが、これを4本の指が別行動を取るところに、複雑さがもっと加担されます。
いかにヴァイオリンが難しい楽器かがわかりますね?!
それでも、出来た時の快感は何にも代えることが出来ないくらいの達成感があります。
音色も同じくです。
まろ麻呂
2011/01/28 21:59
> いかにヴァイオリンが難しい楽器かがわかりますね?!
わかりました。ミサイルの制御より難しそうです。
しかし、...の制御よりは簡単?
がんばって、苦しんで?、良い音を出して楽しんでください。
今晩はこのまま沈没です。では、お休みなさい。
音楽が好き、にされつつある
2011/01/28 22:20

コメントする help

ニックネーム
本 文
レッスン73回目・・・・・・・・・・。 七転び八起き?!ヴァイオリン奮闘記!!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる