七転び八起き?!ヴァイオリン奮闘記!!

アクセスカウンタ

zoom RSS 〜室内楽の夕べ vol.4〜・・・・昨日の続き・・・。

<<   作成日時 : 2011/02/12 22:35   >>

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 0

昨日は、ピアニストの丹千尋さんについて書きましたので、
今日はコンサートの模様を、もう少し書き加えたいと思います。

コンサート会場は、ルーテル市ヶ谷ホールというところで行なわれたのですが、
ここは、音楽ホールがチャペルと併用された形で運営されていて、
母体はプロテスタント教会の収益事業としてホール運営されているようです。

まず目に付いた舞台中央の照明がついたモニュメントは、十字架がモチーフされていて、
とても神聖な舞台だという印象を受けました。

演目ですが、
シューベルト 弦楽三重奏第1番変ロ長調
ブラームス ピアノ四重奏曲第1番ト短調
フランク ピアノ五重奏曲へ短調
でした。

いずれも私は初めて聴く曲でしたが、どれも聴き応えのある曲でした。
ただ、それぞれの曲を、今ここで解説しろと言われても、無理です・・・(笑)
覚えていません・・・(爆)

しかし、演奏されていた方々のことは覚えていますよ!
では、お1人ずつご紹介を・・・・・(笑)

丹千尋さんは昨日日記に書いたとおりの、予想通り素晴らしい方でした。

ヴァイオリンの遠藤百合さんは、とてもヴァイオリンを弾く姿がかっこいい方でした。
オールドのヴァイオリンの響きも良く、ここだけの話し、私の視線は、遠藤百合さんに釘付けでございました・・・(笑)
ちょっと、ファンになったかも・・・・・(爆)
でも、雨女らしいです・・・

もうお1人、ヴァイオリンの川又明日香さん、弾いているときはとても硬い表情をされていましたが、
最後のご挨拶の時は、とてもかわいらしい学生さんの表情を浮かべていました。
「桐朋の先輩方がとてもよくしてくださる」と、言ってましたが、恐らく本音だろうと思います。

ヴィオラの吉瀬弥恵子さんですが、舞台に登場されるときも、引かれるときも、
超ゆっくり歩かれるのですが、私は高いヒールの靴のせいだとばかり思っていました。
しかし、最後の挨拶で、話すのも歩くのも遅いと仰って、変に納得してしまいました!?
ヴィオラのフィンガリングは速いのに、不思議です?!

そして、チェロの朝吹元さんですが、メンバーの中で、唯一男性でした。
男性だったからではないですが、すいません?!良く見てませんでした・・・(笑)
でも、靴はピッカピカでした・・・・!?

全体として、年に何度かの合わせだけで、これだけの大曲をぴったり合わせられるというのも凄いなと思いました。
次回、「室内楽の夕べ vol.5」は11月6日東京オペラシティホールで行なわれるようです。

また、予定を合わせて聴きに行きたいなと思っています。

↓ぷちっ!とクリックお願いします。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
面白い
ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
[音楽短信] 丹千尋ほかの「室内楽の夕べvol.4」の感想
(当日に20行くらいで書こうと思ったのだが、また長大に。今年のダスビ感想はしばらくお待ちください。って、待っている人いるのか? 「一年遅れ」が多少検索に引っかかってますが。) ◇東京では珍しい一日雪の休日(2月11日のことです…)。私は出勤でしたが、夕方に標 ...続きを見る
ピョートル4世の&lt;孫の手&gt;雑...
2011/02/27 23:44

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
〜室内楽の夕べ vol.4〜・・・・昨日の続き・・・。 七転び八起き?!ヴァイオリン奮闘記!!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる