七転び八起き?!ヴァイオリン奮闘記!!

アクセスカウンタ

zoom RSS <ベートーヴェン・プロジェクト>ブリュッヘン・・・3回目・・・・。

<<   作成日時 : 2011/02/16 23:43   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

今日は新日本フィル、ブリュッヘン指揮、ベートーヴェン交響曲全曲演奏会の3回目でした。
演目は、第6番田園と第7番ベト7です。

そして、今日のコンマスは、西江辰郎さんでしたが、西江さんと言えば、
大晦日のマゼール指揮ベートーヴェン交響曲全曲演奏会で注目していた方で、
今日は存分にその演奏スタイルを見させていただきました。

大晦日にも見ていて感じたのですが、弓が本当に滑らかに弦の上を滑り、
見ていて全くストレスの感じないボウイングなんですよね!

今日も、やはり素晴らしいボウイングをされていて、
なぜこんなに正確に柔らかく滑らかに弾けるのかをじっと観察していました。

そうすると一つ気づいたことがあるのですが、
ダウンボウからアップボウに切り返すときの力の入れ具合、手首の使い方、肘から先の使い方、
などが非常に上手いのです。
この切り返しが正確で柔らかく滑らかなために、アップボウでぶれずにまっすぐ正確に弓が走るのではと思います。

見た感じのイメージは頭に叩き込みましたが、
いざ自分が弾くとなると・・・・、そう簡単には出来ないでしょうね!?
しかし、イメージを思い浮かべて練習したいと思います。

今回のブリュッヘルさんの演奏会も、19日に第8番と第九を残すのみとなりました。
最終回のコンマスが誰なのか?!非常に気になりましたので、
実は、係りの人に聞きに行ったのです・・・(笑)
いつも、配られるオケの構成表があるのですが、

「これの次回のはありませんか?」と・・・・・。
すると、
「まだ出来ていません」と言われましたので、
「次のコンマスは誰ですか?」と聞くと、
「少しお待ちください」と言われ、
近くの方に確認されて、
「崔文沫です」とお答えが・・・・。
いや別にいいんですけどね?!(笑)

ところで、今日の演奏ですが、
第6番、第7番ともに、前回、前々回に増して、拍手が鳴り止みませんでした。
よって何度もブリュッヘンさんが舞台に登場されました。

私の感想ですが、第7番は大事なところでヴィオラが弱かったように思いました。
特に第2楽章のヴィオラの魅せ場のところと、第4楽章の最後、弦楽器がかけあうところです。
まぁ、私の座っていた場所が、真ん中でなくバランスの読みづらいところだったからかも知れませんが・・・。
西江さんのヴァイオリンの音色は良く聴こえました。

最終回も非常に楽しみです

↓ぷちっ!とクリックお願いします。














テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
<ベートーヴェン・プロジェクト>ブリュッヘン・・・3回目・・・・。  七転び八起き?!ヴァイオリン奮闘記!!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる