七転び八起き?!ヴァイオリン奮闘記!!

アクセスカウンタ

zoom RSS 原点に戻って・・・・・・・。

<<   作成日時 : 2011/03/28 23:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ボッケリーニの「メヌエット」を練習していた時に、
弓の持ち方やボウイング、ヴァイオリンを持つ体制など、原点に戻って見直したことがありました。
私にとっては、いいタイミングだったのか、最近は弓の持つ手が崩れることも少なくなり、
丸い円を描くように弓を持つ手が保てるようになりました。

そのせいもあって、ボウイングも以前と比べ、スムーズに行っているように思います。
どこかのタイミングで、こうした、見直しも必要だということでしょう。
ヴァイオリンに慣れてきたから成せる技なのかもしれません。

ところで、昨日の晩、テレビを見ていたのですが、
ネパールの奥深い村で生活する家族に焦点をあて、そこに暮らす15歳の少女が、
日々水汲みや山に薪を取りにいく様を描いた番組を放映していました。

この少女は1日3回、毎回1時間くらいかけて、20キロくらいの生活水を汲みに、井戸に行くのです。

リポーターのタレントで安田美沙子さんが、同行して体験していたのですが、
フルマラソンを走る彼女でも、相当な体力を消耗する毎日の水汲み・・・。
しかし、この水がないと、この家族は生きていけないのです。

都会の生活に慣れてしまった彼女は、今の日本の社会の象徴であると同時に、
現在の日本が置かれている状況を考えさせられる番組でした。

毎日、原発の問題が世間を騒がせていますが、
この原発の問題は、天災がきっかけとはなりましたが、
最終的には、電力を必要とした人が危険を承知で作り、生活をより便利にするために人が利用し、
取り返しのつかない事故を起こしてしまいました。

この結末がどのような形で収束し、収束するまでに人間社会にどれだけの被害をもたらすのかは、
今は想像だに出来ません。

今回の震災では、どこかの知事が天罰だと言って、社会の非難を浴びました。
もちろん、今回の被災者に向けられた言葉であれば、許しがたい発言ですが、
今回の震災は人間社会に対する自然界の警告だと捉えるべきではないかなと、私は思います。

蛇口をひねればすぐに水が出て、暗くなれば電気がつき、暑いときは冷房、寒いときは暖房と、
何不自由なく生活できているのです。
しかし反面、自然界にはCo2を撒き散らし、森林は切り倒され、海は埋め立てられました。
好き勝手に自然を破壊してきたのも我々なのです。

今となってはもう遅いかも知れませんが、
もう一度人は原点に戻って、自然と調和し、生きていく術を考える時が来ているのではないかと思います。

地球は人間だけのものではないのですから・・・・・。

↓ぷちっ!とクリックお願いします。
にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
原点に戻って・・・・・・・。 七転び八起き?!ヴァイオリン奮闘記!!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる