七転び八起き?!ヴァイオリン奮闘記!!

アクセスカウンタ

zoom RSS 〜五嶋みどり&オズガー・アイディン デュオ・リサイタル2011〜・・・・・・。

<<   作成日時 : 2011/06/16 23:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

昨日は、夜に、横浜・みなとみらい大ホールで、五嶋みどりさんを聴いて来ました。

2年前に、みどりさんの母、五嶋節さんについて書かれた「母と神童」と言う本を読んで、
みどりさんの演奏を聴いてみたく思っていましたが、ようやく昨日その機会を得ました。

そして、演目の中に、ベートーヴェン・ヴァイオリンソナタ第9番「クロイツェル」が含まれていましたので、
チケットを取ってから非常に楽しみにしていました。

チケットを取るとき、サントリーホールからアクセスしたのですが、
ネットにつながったときは、後ろの方しか席が空いておらず、みなとみらいホールでアクセスし、ゲットしました。
それでも席は、16列目でしたので、いい席とはいいきれない場所でした。

ピアノは、オズガー・アイディンさんでした。
どこかで見たことがあるなと思っていたら、そうそう、ベルリンフィル首席ヴィオラ奏者の清水直子さんと、
ペアを組まれていたのを思い出しました。

昨日の、演目は、
モーツァルト ピアノとヴァイオリンのためのソナタ イ長調 K.526
ブラームス ヴァイオリンとピアノのためのソナタ 第1番 ト長調 Op.78
ウェーベルン 4つの小品 Op.7
ベートーヴェン ピアノとヴァイオリンのためのソナタ 第9番 イ長調「クロイツェル」Op.47
でした。
”もう今日は、クロイツェルさえ聴ければ大満足!”と思って出かけましたが、
結果的には、ブラームスのヴァイオリン・ソナタ第1番が、昨日の演目では一番良かったように思います。

サントリーホールはこのブラームスは演目に上がっていませんので、
これは、みなとみらいホールでラッキーだったかなと・・・・。

みどりさんの使用楽器が、ガルネリ・デル・ジェス「エクス・フーベルマン」1734年作だそうですが、
全体的に落ち着いた音色で、高音部も低音部も心地よい余韻が残る感じ・・・・。
音色に関しては、さすが!だなと、思いました。

クロイツェルに関しては、う〜ん?!どうでしょう?!庄司紗矢香の方が良かったかな!?(笑)
昨年のサントリーホールの庄司紗矢香は、クロイツェルに関しては最高でしたから、
そのイメージが残ってるんですよね?!
CDは諏訪内晶子さんのクロイツェルが好きですけど・・・。

全体的には、入場料をそれなりに取っているだけあって、
やはり魅せるべきものはお持ちだなと思いました。
雰囲気もありますし、集中力もすばらしい。

今度はもう少し前の席で、テクニック的なこともじっくり見てみたいですね!


にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
〜五嶋みどり&オズガー・アイディン デュオ・リサイタル2011〜・・・・・・。 七転び八起き?!ヴァイオリン奮闘記!!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる