七転び八起き?!ヴァイオリン奮闘記!!

アクセスカウンタ

zoom RSS 〜白鳥の湖 Swan Lake 東京バレエ団〜・・・・・・・。

<<   作成日時 : 2011/06/18 23:01   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

昨日、ゆうぽうとホールで、「白鳥の湖」を見て来ました。
東京バレエ団の公演でしたが、東京バレエ団は4月の東京文化会館「ラ・バヤデール」以来2回目です。

そして、バレエの代名詞とも言える、この「白鳥の湖 Swan Lake」の舞台を見るのは初めてでした。

クラシカ・ジャパンで録画した、英国ロイヤルバレエ団の「Swan Lake」を2〜3日前から見ようとするも、
寝る前に寝転んで見るものですから、睡魔に耐えられず、いつも10分もしないうちに爆睡!?
結局、途中までしか予習できずに、本番を迎えました!?(笑)

音楽は、昔から良く耳に残っている曲ですから、馴染みが深いのですが、
果てさて、どのようなストーリーで展開されるのか、いまいち良くわからず、ぶっつけ本番と言うことになりました。

プログラムで直前にあらすじくらいは予習しようと思っていましたが、
いざ読もうとすると、字が小さすぎて良くわかりません?!
ここまで、老眼!?が進行しているとは・・・・!?
もうそろそろ、老眼鏡を買わないと!?
そういえば、先日の五嶋みどりさんのコンサートでも、チケットの座席表示がわからず、
「これ何列目の何番ですか?」と係りの人に聞きました・・・。はい。

ところで、バレエの方ですが、今回もジークフリート役で出演予定だったロベルト・ボッレさんが来日できず、
マシュー・ゴールディングさんが代役で舞台に上がられました。
まぁ、私は、2人の違いが全くわかりませんのでいいのですが、
ロベルト・ボッレさん目当てのお客さんもいらっしゃるでしょうから、
毎回のことですが、この来日断念っていうのは、ファンはもちろん、主催者泣かせですよね!?

しかし、代役の方も外国人ダンサーであるので、手足が長く、顔が小さく、8頭身とは言いませんが、
7頭身くらいあるんじゃないかというくらいの、バランスの良さ・・・・!?
日本人ダンサーは、どうしても、かっこ良さ、美しさという点で、遅れを取りますよね?!

反対に、オデット/オディール役は、上野水香さんでしたが、体の線もとても美しく、良かったです。

そして、この「白鳥の湖」でも、コール・ド・バレエの美しさが際立っていました。

この「白鳥の湖」には、やはりいくつもの魅せ場が用意されていて、2時間余りの公演でしたが、
決して飽きさせない面白さが詰まっています。

海外バレエ団も含め、多くのバレエ団、そしていろいろな演出で観て見たいですね!

ヴァイオリンの方は、今日は2時間半弾きました。
さすがに、2時間以上弾くと、いつもとは違う一体感のようなものが感じられ、好感触で練習を終えられました。
やはり、休みの日は3時間は弾くようにしよう!
頑張ります


にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
〜白鳥の湖 Swan Lake 東京バレエ団〜・・・・・・・。 七転び八起き?!ヴァイオリン奮闘記!!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる