七転び八起き?!ヴァイオリン奮闘記!!

アクセスカウンタ

zoom RSS 弓と弦の接点・・・・・・・・。

<<   作成日時 : 2011/06/20 21:58   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

ヴァイオリンと言うのは、弓と弦が擦れて、音が出ます。
この弓と弦が交わるときに、どのような圧がかかり、どのくらいの角度で、しっかり垂直であるかどうか・・・などなど、
弾くときの状態に応じて音の質も変わります。

本当ならば、この弓と弦が交わる接点にこだわり、いかに慎重を極めて1音1音を大切に弾くかを、
心がけなくてはいけないのですが、
私の性格上、せっかちなのと、きめ細やかな動きが苦手なのもあって、
このあたりのことが全く出来ていませんでした。

数日前に日記に書きましたが、パシフィカ・クァルテットのヴィオラ奏者、真澄・バーロスタードさんを見ているうちに、
こんなに大切なことを飛ばしていた自分に気づき、それ以来、弾き方をがらっと変え、弓と弦の接点を意識して弾いています。

おかげで、移弦のときの雑音が減り、弾いている弦の音色だけが残るようになりました。
また、音のかすれなどもなくなり、弓がしっかり弦に乗っている感触があります。

今まで、何十人と言う演奏者の方を、コンサートを通して見てきましたが、
ここまで自分が弾く時の参考になった演奏者はいなかったと思います。

ヴァイオリンというのは、本当に難しい楽器ですよね!?

しかし、弾けば弾くほど、奥が深く、新たな発見が常にあります。

私のヴァイオリンの探求の旅はまだまだ果てしなく続きます・・・・・・・。

今日は、かっこよく締められた・・・・・・・(爆)


にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
弓と弦の接点・・・・・・・・。 七転び八起き?!ヴァイオリン奮闘記!!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる