七転び八起き?!ヴァイオリン奮闘記!!

アクセスカウンタ

zoom RSS 〜パシフィカ・クァルテット 3日目〜・・・・・・・・・・・・。

<<   作成日時 : 2011/06/12 22:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今日が、パシフィカ・クァルテットの最終日でした。

今日も、ベートーヴェンの弦楽四重奏曲のうち、午前中に2番、7番ラズ1、14番の3曲、午後から4番、10番ハープ、15番の3曲を演奏されました。

注目は、7番ラズ1と10番ハープでしたが、14番も4番も、とても良かったです。
さすがに、今日の午前中はお疲れの様子で、少しばかりミスもありましたが、
この3日間で、16曲も弾ききったのは、本当に凄いですね!

ラストの15番も、全く手抜きすることなく、全身全霊を込めて弾いておられるのがよくわかりました。

見ているこちらの方が、今日の昼すぎ、食事後の演奏では、つい“うとうと”してしまいました。
まさに演奏者も観覧者も、マラソン耐久レースですね!

パシフィカ・クァルテットと言うグループは今回でしっかり覚えました!
また、機会があれば聴きに行きたいと思います。

そして、昨日から、要注目でヴィオラ奏者の真澄・バーロスタードさんですが、
ハープの時、ヴィオラ・ソロの箇所がありましたが、やはりいい音色で弾いておられました。
さきほどネットで調べてると、ジュリアード音楽院の学士号及び修士号を受け、ヴィオラの優秀な卒業生に送られるフックス賞を受賞し1999年の学内コンクールで優勝されているようです。
思ったとおり、実力も実績もピカイチだったようです・・・。

クァルテットはやはり、ヴィオラや2ndヴァイオリンの内声部がしっかりしていることが重要ですよね!
1stヴァイオリンや、チェロがどうしても前面に出がちですが、
このパシフィカ・クァルテットは、ヴィオラの真澄・バーロスタードさんがポイントになっているように感じました。

真澄・バーロスタードさんのヴィオラのソロ・リサイタルでもあれば、聴いてみたいですね!

そんなこんなで、お疲れの3日間でしたが、無事完走いたしました!
ベートーヴェンの弦楽四重奏曲の良さを、改めて感じた3日間でした

最後に結論として・・・・・

やっぱりベートーヴェンは凄い!
・・・・・・・・・と、言うことですね・・・はい!


にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
〜パシフィカ・クァルテット 3日目〜・・・・・・・・・・・・。 七転び八起き?!ヴァイオリン奮闘記!!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる