七転び八起き?!ヴァイオリン奮闘記!!

アクセスカウンタ

zoom RSS “アメリカンバレエシアター「ドン・キホーテ」”・・・・・・・。

<<   作成日時 : 2011/07/31 11:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

昨日、兵庫県立芸術文化センターで観て来ました。

ABTの公演は、7月21日の東京文化会館オープニングガラからスタートし、29日のクロージングガラで東京公演は幕を閉じたのですが、東京ではどれも予定が合わず関西で観る事にしました。

ただ、関西公演と言っても、昨日の公演は、バジル役のホセ・マニュエル・カレーニョのABTでの引退公演とあって、
カーテンコールは大盛り上がりでした。

チケットも引退公演のカレーニョとパロマ・ヘレーナのバジル、キトリのコンビだと言うのもあり、
非常に貴重な人気チケットだったようですね。
私はそのようなことも、何も知らずにオークションで前の方の席を運良く安く仕込んだため、
こういうのをまさに“知らぬが仏”と言うのでしょうか?!
まぁ、安くと言っても、高いですけど・・・・・・・(笑)

ところで、「ドン・キホーテ」ですが、
やはりABTプリンシパルのトップスター、カレーニョとヘレーナのバレエテクニックが素晴らしかったです。
ジャンプしかり回転しかり、非常に高い位置でのリフティングもお見事でした。

プログラムを読んでいると、
どうやらカレーニョの婚約者メラニー・ハムリックが花売り娘役で出演しているようなのです。
彼女はコール・ドからの抜擢で今回ソリストとして踊っていました。
同じく花売り娘役の韓国出身ヒー・セオと対象的だったのですが、
このヒー・セオは元々ソリストでプログラムにも写真付で載っています。
カレーニョの力関係がこの登用に左右されているのかどうかはわかりません?!
しかし、ヒー・セオと比べバレエテクニック的には未熟さ感じました。

ところが、このヒー・セオ、舞台の始めから非常にシャープでいい動きしてるなぁと思っていたのですが、
第3幕のソロで踊る場面で、女性にしてはジャンプが高いなぁと思っていた矢先、
転倒してしまいました・・・・・・。
やはりいろいろあって、少し無理をし過ぎたのかなと思ったりしました。

キューピット役で出演していた、サラ・レインはとても小柄なソリストですが、
彼女は映画「ブラック・スワン」でナタリー・ポートマンのバレエ・シーンの代役を務めた人なんですね。
とても表現豊かに踊っておられました。

今日も、関西公演が続き、びわ湖ホールで「ロミオとジュリエット」です。
ABTの日本での今年最後の公演です。

ちょっとヴァイオリン弾いてから行って参ります・・・(笑)


にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
“アメリカンバレエシアター「ドン・キホーテ」”・・・・・・・。 七転び八起き?!ヴァイオリン奮闘記!!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる