七転び八起き?!ヴァイオリン奮闘記!!

アクセスカウンタ

zoom RSS 音楽大学について・・・・・。

<<   作成日時 : 2011/09/30 00:20   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

わけあって、最近、音大のことをいろいろ調べています。

昨日も、空いた時間に図書館に寄って、2012年版の大学内容案内号という分厚い本を借りてきました。
こんな本をまじまじと眺めるのは、かれこれ30年くらい前に私が受験生だったころ以来です。

音大の案内号と言うのも市販されているのですが、
図書館には全部の大学が記載されたものしかありませんでした。

参考にしたくて見ていたのは、所在地(交通手段)や総学生数、学科と人数、そして最近では大学ごとに特徴を持たせている点などです。
各大学の学生数が予想より少なかったのが意外でした。
楽器別で見ると、学年でそんなに多くない学生が少数精鋭で学んでいるのだなという印象です。

受験対策本ですので、それこそ偏差値や試験科目も出ていますが、
音大の場合は、予備校の偏差値などはほとんど参考にはならなくて、試験科目も詳しく書かれていませんでした。

それよりも、ついつい自分が受験生だったころの記憶がよみがえり、
一般の大学別偏差値に目が行ってしまいました?!
当時は今の大学入試センター試験の前身で共通一次試験というのが行われて間もないころでしたので、
いわゆる偏差値で大学を計る幕開けの時代でした。

今となっては、大学を偏差値だけで決めるなんてナンセンスだと思いますが、
当時はそれしか頭になかったのですから、私も例に漏れず受験戦争の被害者なのかも知れません。

本を見ていて、もう一つ目に付いたのが、大学別の学費についてです。
当時と比べ随分と上がっているので驚きました。
もちろん、今と30年くらい前とでは物価も違いますが、
国公立大で入学金28万2千円、授業料53万5千8百円ですから、
私たちの時代の倍以上はしています。

私立の音大だと初年度の納入額が200万〜250万で、毎年150万くらいですから、
700万前後は学費として納めることになります。
もちろんこれに楽器やその維持費もありますので、4年間で言うと相当な出費ですよね?!
ちなみに、慶応の医学部ですと学費だけで音大の倍はしますが・・・・!?

ちょっと余談でしたが、
最後に音大の分布を見ていると、圧倒的に東京もしくはその郊外に集中していて、
やはり日本は文化、芸術などの情報発信は東京なのかなと思いました。


にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村









テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
音楽大学について・・・・・。 七転び八起き?!ヴァイオリン奮闘記!!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる