七転び八起き?!ヴァイオリン奮闘記!!

アクセスカウンタ

zoom RSS “ベートーヴェンは凄い!全交響曲連続演奏会2011”part1・・・・・・・・。

<<   作成日時 : 2012/01/02 23:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

あけましておめでとうございます。

みなさま、良い年をお迎えでしょうか。

2012年もすでに1月2日となりました。
そして、もう1時間もしないうちに3日に日付けが変わります。

と言いますのも、大晦日に今年も東京文化会館で恒例のベートーヴェンの全交響曲連続演奏会を聴いてまいりまして、電車でマンションに戻ったのが午前1時前・・・・・。
数時間後、新幹線で関西に戻りました。

よって、全9曲演奏される間、ただの一度も睡魔に襲われることなく、完璧に聴きとおしたためか、
その疲労度というのが半端ではありませんで(笑)、
関西の家に帰ってから、日記を書こうという気にならず、
夜、即効で寝床に入って爆睡してしまいました。

聴いている方が、あれだけ疲れているのに、指揮者の小林研一郎さんや、フルで通した演奏者の方は、
どれほどの体力を消耗されているのか、想像だに出来ません!?

って言うか、全9曲も暗譜しているわけでもなく、すべてヴァイオリンを楽譜を見ながら弾けるということが、
私にはとても神技にしか思えないのです。

とまぁ、そのあたりはプロの演奏者ですので、今更言っても始まりませんが、
いや、はや、今年も大満足のうちに終わりました。
もうこの演奏会、クセになりそうです。
ベートーヴェンおたくの私には、全交響曲がすべて1日で聴けてしまうという、
おそらくこれ以上ない企画だと、改めて感謝している次第です。

それで、去年のマゼールさんとコバケンさんを比較してみると、
やはり去年の方が、話題性もあり、注目度も高かった分(チケットもかなり高かった!?笑)、
盛り上がりは去年の方があったように思います。

前半はコバケンさんもおとなしめな印象を受けましたが、
大休憩を挟んで、第7番から、ラスト3曲のスパートがすさまじかったです。
第7番の第3楽章など、ティンパーニーを余計に連打して、コバケン版でアクセントをかなりつけていたり、
キザミも違った形で入ったりと、通常の7番とはかなりの部分で細工されていました。
これがいいのかどうかは正直?ですが、エンディングの最高潮の盛り上がりは、
このアクセントが複線なのかなとも思いました。

また、意外なところで、8番が良かったんですよね!
どちらかというと、コバケンさんは、8番のような流麗な旋律の曲の方がお得意なのではと思いました。

そして、9番も凄く良かったです!
オケもそうですが、合唱団も声が良く響いて最高でした!

と言うことで、1日では書ききれませんので、
あと2回くらいに分けて、この演奏会の模様は書きたいと思います。

それでは、続きは明日にでも・・・・・。


にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
“ベートーヴェンは凄い!全交響曲連続演奏会2011”part1・・・・・・・・。 七転び八起き?!ヴァイオリン奮闘記!!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる