七転び八起き?!ヴァイオリン奮闘記!!

アクセスカウンタ

zoom RSS 鈴木の教則本第4巻・・・・・・。

<<   作成日時 : 2012/02/16 23:32   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

“鈴木の教則本第3巻の最後の曲、バッハの「ブーレ」もようやくいい感じになってきました!?”・・・と、
自分では思っておりますが、実際はまだまだ出来ていないところがたくさんあります。

しかし、今までの課題曲よりも、この曲はどうも生に合っているのか!?弾きやすいのです!?
なぜだかわかりませんが、ここ最近の練習量の少なさから判断しても、
上達が早いように思えるのです・・・。

それで、まだ少し早いのですが、
この3巻が終わったときのための準備として、まずは先生に、「次はどうしたらいいですか?第4巻に進みますか?」
と、先日メールで聞いてみたのです。
すると、「4巻でもいいし、3rdポジションまでの曲でしたら、好きな曲にチャレンジしてもいいですよ!」というお返事でした。

とりあえず、銀座の山野楽器で偵察してこようと思い、今晩帰りに立ち寄りました。

そして、ヴァイオリンの3rdポジションで弾けるような曲を探していたのですが、
どうもこれと言うのがなく、やはりここまできたのだから、4巻にチャレンジすべきでは?との結論に達し、
4巻を買うことにいたしました。

山野楽器でパラパラとめくって見ましたが、譜面から難しそうな雰囲気はあったのですが、
あまり気にせずに購入しました。

ご存知の通り、第4巻は最初の曲から、ザイツのヴァイオリン協奏曲に入ります。
3曲ザイツが続いて、4曲目にヴィバルディのヴァイオリン協奏曲になります。

いよいよ私も、ヴァイオリン協奏曲まで来たか!?という嬉しさと、変な満足感を持ち、帰宅いたしました。

早速、ヴァイオリンの練習を1時間して、さきほど、第4巻のCDを聴きました。
もちろん譜面を追いながら・・・・・。

まず感想は・・・・いや、あの、これ、弾くのん?!って感じです。

ヴァイオリンを始めたころは、1巻の最後の方のバッハのメヌエットは自分には絶対弾けない!と思いましたし、
1巻を終えた時点で、2巻の最後のボッケリーニのメヌエットも同じく弾けない!と思いました。
また、3巻の途中では常に限界を意識して弾いてきました。

そして、今日・・・・・・。
弾けない!と言う感想より、どこまでいけるのか!?というある意味、好奇心の方が強いように思います。
はっきり言って、もう自分自身の限界は超えているのではないかということです・・・。

7曲目、巻末のバッハ「2つのヴァイオリンのための協奏曲 ニ短調BWV.1043」なんか、
2ndヴァイオリンで弾くようですが、CDを聴くだけでもどちらが2ndなのかわからない始末です!?(笑)
これを弾いて、1stと合わせるなんて、もう私の中では神技というか、
こんなことが出来る人がいることの方が不思議です!?

よって、4巻の最後まで行くことが出来るのかどうか?!
弾けない!というより、自分のことながら興味があるという表現になってしまいます。

恐らくここから先が、本当にヴァイオリンを弾ける!という領域なのかなと思います。
今までは遊びではないかと・・・・。
多分、ここからは努力だけでなく、センスがいるのかなとも思います。

果たしてこの不器用な私が4巻を完結できるのか?!

現在の心境では・・・・・間違いなく・・・・・100%無理です・・・・(爆)


にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
鈴木の教則本第4巻・・・・・・。 七転び八起き?!ヴァイオリン奮闘記!!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる